ブログ

タコ滑り台の遊具の訴訟

「「タコ滑り台」に著作権は認められるのか…「芸術性」巡り3年の法廷闘争」という読売新聞の記事があった。

タコの滑り台の遊具が著作物として保護されるかどうかが争われ、原告の主張は認められなかった。

著作物性が議論となるような物(やや機能的な遊具)については意匠の方がデザインをより保護しやすいか。

新規なデザインであれば意匠権によりデザインの類否で戦うことができる。

但し、意匠で保護しようとする場合であっても、遊具は滑り台の本数や位置等の変更も容易そうなので、意匠権を回避されにくいように検討が必要と思われる。例えば、特徴部分をどのように特定するか、関連意匠を使って類似範囲を広く確保するか等、意匠権の権利範囲について慎重な検討が必要。

関連記事

  1. Our broad networks are getting w…
  2. 「ルブタン」のレッドソールの拒絶査定不服審判が認められず
  3. グリーントランスフォーメーション:GX関連技術をチェック
  4. 商標登録出願を千代田区(飯田橋、神保町、神田等)でする際の補助金…
  5. セミナー動画:「ラストワンマイルでの自律走行ロボットによる搬送に…
  6. 蓄電池産業、蓄電池市場は特に車載用電池で拡大も・・・
  7. 技術の秘匿と権利化の見極めについて
  8. 令和 3年 (行ケ) 10113号 審決取消請求事件「睡眠コンサ…
PAGE TOP