ブログ

技術の秘匿と権利化の見極めについて

技術の秘匿と権利化の見極めについては微妙な判断が必要となる。リバースエンジニアリングにより分かってしまう技術については権利化が原則だが、ゲームやアプリなどで表に出てこないような処理については、権利取得により公知にせず技術をノウハウとして秘匿するという選択肢もある。プログラム中で分かりにくく記載する等も可能。膨大なプログラムの解析が困難である上、そもそも表にプログラムの処理結果が出てこない場合侵害認定が容易でない。AIやIOT関連のプログラムでも同様。#ゲーム #ソフト #アプリ #ソフトウェア

関連記事

  1. 農業事業者を支援するセミナー動画:「もうかる農業のためのブランド…
  2. DXに強い特許事務所、ソフトウェアに強い特許事務所をお探しなら、…
  3. メタバース普及のカギはゲーム業界が握るか
  4. 千代田区の産業財産権取得支援補助金を申請するにあたっての注意点に…
  5. セミナー動画:「ゲーム業界の特許権侵害訴訟において33億円!?で…
  6. セミナー動画:「ラストワンマイルでの自律走行ロボットによる搬送に…
  7. 商標登録出願や特許出願を横浜でする際の助成金について
  8. グリーントランスフォーメーション:GX関連技術をチェック
PAGE TOP