ブログ

Spiberの事業価値証券化により250億調達したスキームについて

Spiberの事業価値証券化により250億調達したスキームは有形資産、知的財産等の無形資産を担保にしたキャッシュ・フローを裏付けとする。この調達では有形資産のプラントで売り上げを上げ、無形資産は市場の優位性の維持に評価されているようだ。無形資産そのものの価値が評価された可能性は低そうだ。

関連記事

  1. Japan Drone 2022 / 次世代エアモビリティEXP…
  2. インターフェックスジャパン@東京ビッグサイトに参加
  3. ドワンゴVSFC2等訴訟:国外サーバ問題
  4. 「ルブタン」のレッドソールの拒絶査定不服審判が認められず
  5. 令和 3年 (行ケ) 10113号 審決取消請求事件「睡眠コンサ…
  6. 商標登録出願を千代田区(飯田橋、神保町、神田等)でする際の補助金…
  7. 蓄電池産業、蓄電池市場は特に車載用電池で拡大も・・・
  8. メタバース普及のカギはゲーム業界が握るか
PAGE TOP