ブログ

商標権の効力について

商標法第25条により、商標権者は、指定商品又は指定役務について登録商標の使用をする権利を専有する。また、商標法第37条により、他人によるその類似範囲の使用を排除することができる。

この両者の微妙な違いを理解しておく必要がある。

特許庁HP、商標権の効力の説明図より)

商標権者が独占的に使用できるのは、登録商標を指定商品・役務に使用する場合のみである。

類似範囲における黄色の「他人の使用を排除」としている領域(登録商標と類似又は指定商品と類似する商品役務等)はあくまでも第三者の商標使用を禁止できるにとどまる。たしかに第三者の使用を禁止できる、しかしながら自分の独占的な使用が認められているわけではないので、第三者の商標権の類似範囲に入れば、自分の使用もできなくなる(第三者から見れば他人の使用を排除している)。

つまり、自社が独占的に使用したい商品やサービスについては、必ず指定商品・指定役務として記載しておく必要がある。これらが記載されていないのではないかという疑問点があればご相談ください。

関連記事

  1. 「ルブタン」のレッドソールの拒絶査定不服審判が認められず
  2. 商標登録出願や特許出願を横浜でする際の助成金について
  3. ドローンビジネスに関する商標登録の注意点
  4. よく頂く質問1:なぜ商標登録が必要なのか
  5. 商標登録出願を千代田区(飯田橋、神保町、神田等)でする際の補助金…
  6. 令和 3年 (行ケ) 10113号 審決取消請求事件「睡眠コンサ…
PAGE TOP